糖尿病や白血病などの病気治療|医療の救急センター

患者

定期健診を受ける

コレステロール値と中性脂肪値に注目

看護師

高脂血症とはその名の通り血液中において脂質の占める割合が正常な範囲を超えて高い症状のことです。なお、正式な分類上は2007年から脂質異常症という名称に改められ、脂質の割合が異常に低いケースと併せた総称が用いられていますが、一般用語としては現在も高脂血症という言葉が使用されています。 高脂血症に該当するかどうかは、血中の総コレステロール値が220mg/dl以上であるかどうかが目安となっていました。しかし、現在では俗に悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロール値が140mg/dl以上、善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロール値が40mg/dl未満、中性脂肪の値が150mg/dl以上のどれかに該当する場合、高脂血症と診断されています。

自覚症状のない「静かな病気」

高脂血症の特徴は、それ自体の自覚症状がほとんどないことです。高脂血症に由来する他の疾患の症状が出た時点で初めて異常に気づくというケースが極めて多くなっています。そのためsilent diseaseなどと呼ばれることもあります。 高脂血症が引き起こす疾患としては、脂質を分解する酵素を分泌する脾臓の病気である脾炎や脂質が血管の壁に蓄積されることで起こる動脈硬化症などがあります。動脈硬化症も、心筋梗塞や脳梗塞などの関連疾病の症状が出るまで、はっきりした自覚症状が出にくいという特徴があります。 こうしたことから、高脂血症の早期発見には定期的な医師の診断が欠かせないものとなっています。運動や食生活の改善などによって、脂質の量を減らす努力を日常的に行うことも重要です。